先日、知り合いに聞いた話。

そこの家には息子さんが二人いて

ひとりは社会人、ひとりは大学3年生。

社会人の息子さんは文系の旧帝大出身。

下の大学生の息子さんは関東の中堅私立大学の3年生だそうだ。

そして3年生の息子さんはまさに今、インターンシップから始まる

就職活動に挑もうとしているそうだ・・・。

もうそんな風に動かなくちゃいけないの??なんてのんきに聞いていた私だったが

それでももう遅いらしい。

彼女が話すには

旧帝大のお兄さんのときは、すでに大学2年の時からインターンに行っていたらしくて

しかもそれは企業から直接大学に募集があったそうだ。

お兄さんの方はそのときは単位をもらえるから参加したと言っていた。

またインターン生も同じ大学からの人しかいなかったらしい。

募集があった企業も大手ばかりだったとか・・・。

ところが、弟の方は自分から応募しなくてはいかなくて・・・

しかもインターンシップでも面接があり、そこのインターンに入れるかどうかもわからない。

大手などの人気企業は激戦らしくて・・・。

彼女が言うには入口から全然違うんだとか・・・。

もし、お兄さんの方が応募したらインターンくらいなら簡単に行けたかもしれないが

弟の方は、まず面接に行くまでが大変・・・なんだそうだ。

今は就職は売り手市場なんじゃないか・・・と思っていたが

大手は関係ないらしい。

最終的には人物重視なのかもしれないが、やっぱり学歴フィルターはあるようだ。

さて我が家の息子・・・

まだ、大学にすら入れていないが・・・

彼の就職の時は、景気が悪くてもっと苦労するのかもしれない。

まあ、そんな話を今しても喧嘩になるだけなので黙っておこう。

とりあえず、今はどこかの大学に入ることだけを考えてもらおう。

 

読んでいただいてありがとうございました。

今日は深夜のパートです。

深夜勤務の日はいつものような

〜いきたくないなぁ〜がないのです。

これからは、毎回そうなります。

いつもピリピリしていたパートの日の午後の時間

おだやかに過ごせるようになります。

それでは夕飯のしたくをして・・・行ってきます。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村

 

 


 

期末試験も終わり、

担任の先生から夏休みに向けての

学校で行う夏期講習の説明と

三者面談の説明があったそうだ。

息子はK塾の夏期講習も申し込んでいるが

英語だけは学校の講習も受けておきたいと言って申し込んだ。

多分、友達と会いたいというのもあると思う。

そして、先日担任に個別に呼ばれて聞かれたそうだ。

とある関西の私大の指定校推薦なら取れると思うから

もし希望する場合は言うようにと・・・。

一応、成績の評定が達している人に案内をしたのだと思う。

この大学には息子の高校からは毎年多くの学生が合格している。

国立の併願校としてもみんな受験するのだが・・・。

関関同立の括りの中に入っている大学。

その話を聞いたとき、心が動いたのは息子でなく私だった。

息子に

「受験したって受からないかもよ・・・」

なんて話したら

「いや、私立に行ったら奨学金をたくさん借りなくちゃいけないんだよ」

「そもそもその大学には行きたくないから」

などと言われて、我が家の財政状態のことも考えているんだ・・・と感心した。

それと同時に自分は親に高い学費と生活費まで出させていたのに・・・と申し訳なく思った。

受験生の夏が始まろうとしている。

塾には息子と同じ大学を志望している浪人生が

模試でA判定を連発している。

果たして追いつけるのか・・・。

志望する学部は違えどかなり意識していると思う。

目標は遥か遠い・・・それでも追いつこうと必死になっている。

がんばれ、がんばれ!!

 

読んでいただいてありがとうございました。

台風が来ているからでしょうか。

風が強くなってきました。

これから深夜のパートです。

お客さんは少ないと思うけど・・・

なんだか怖いです。

気をつけていってきます。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ パート主婦へ
にほんブログ村


 

今朝、息子は起こさなくても起きてきた。

昨夜の日本戦はあまり興奮しなかったようで・・・

「なんだか渋い試合だったなぁ」

なんて言いながらおとなしく床についたようだ。

今朝、朝のテレビを見ながら

「すげ〜なあ、西野監督。絶対強運だよね」

そう言いながら、最低の試合をしたとか酷評もされているという報道に対して

「でも、結果的には決勝に行ったんだよ」

「あ〜他力本願でもいいから大学受かりて〜」

なんて話していた。

そうだね・・・

推薦でも一般受験でも志望している大学に合格すればいいのだ。

今は大学受験も作戦が必要らしい。

下調べをして、受験当日までにいかに準備していくか・・・

そこがうまくいかないと受験もうまくいかない。

スポーツ推薦などは望めない息子。

さてどんな作戦を立てているのか。

聞いてみると

「とにかくセンター試験で高得点を取ること」

だそうだ。

単純だなあと思ったが、コレが大事らしい。

どちらにしてもがんばって勉強しないと・・・といったところ。

さて息子の計画どうりにいくかどうか。

 

読んでいただいてありがとうございました。

関東は梅雨明けしたとか・・・

今日もムシムシしてとても暑いです。

年々夏を乗り切るのが辛くなってきているのは年のせいでしょうか。

最近は、エアコンをつけるのを我慢しなくなりました。

数年前は、電気代節約で昼間は我慢していたのですが・・・。

節約よりも健康です。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村

 


 

息子が通っている個人塾。

一人浪人生がいる。

彼はほぼ一日塾で勉強しているらしい。

息子が高校1年生の時も浪人の先輩が同じように来ていて、その人は第一志望の大学にめでたく合格して今は2年生。

なんとその大学は息子の志望校で、今浪人中の人もその大学を狙っているとか。

いわばライバルなのだが、今の息子では足元にも及ばない。

そのひとのゴールデンウイークに受けたマーク模試の点数は8割近くとっていたようで、息子の点数より100点以上も高い。

浪人生だから仕方がないのだろうが・・・。

おかげで息子は余計に焦っている。

息子と同じ年の受験生は、今年はその塾では推薦で私大に行く予定の子と私大専願の子がいるだけなので、尚更その浪人生の子のことを意識しているようで・・・。

彼は今週末、K塾の記述模試を受ける。

息子はというと部活の大会のため申し込みすらしていない。

しかも文化祭などの学校行事もあり、今は思ったように勉強時間が取れない。

そんな中、昨日息子が宣言した。

とりあえず、文化祭までは学生生活を楽しむ!!

そのあと切り替える・・・だそうで。

上手く切り替えられるか(?)はわからないが、ライバルに浪人生が塾にいるおかげで親にも現実がわかる。

目標は遥か彼方にあって全く見えない状態。

実際にはその目標に近づくことすらできないかもしれないけど・・・。

とりあえずは、部活も終わるであろう6月から・・・。

本人が上手く自分のペースを掴めるといいのだが・・・。

今現時点で現実的なのは地元の国立大学。

そこからどのレベルまで見えてくるのか。

親は見守ることしかできない。

さあがんばってお金稼がなくちゃ〜。

 

読んでいただいてありがとうございました。

最近、60代でなくなる方が続いています。

西城秀樹さん、大杉漣さん・・・。

まだ60そこそこでは早すぎます。

私もあと10年ほどでその年代。

他人事ではないと少しショックを受けました。

そのタイミングで健康診断の結果が来てしまいまして。

再検査はなかったのですが、血液検査で貧血症状があるらしく「経過観察」と赤い文字で書かれていました。

血圧高めなのに貧血って意味がわかりませんが・・・。

私も年を取ったってことなんでしょうね。

健康のことも考えていかなくてはと痛感している今日このごろです。

 

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

 


 

連日騒がれている日大アメフト部の問題。

情報が出てくれば出てくるほど意味がわからない。

監督の指示でやったようだけど・・・ね・・・。

この選手は退部になるだろうし。

もしかしたら廃部に追い込まれるかもしれないらしい。

監督が力を持ちすぎたとかいろいろ言われているけど、各方面からの思惑もあるようなないような。

どちらにしても傷つくのはアメフト部の選手たち。

本人だって大学にいられなくなってしまうのではないか?

普通にアメフトをやって大学を卒業して順調に就職して・・・。

そういうラインから外れてしまうのは必至だろう。

大学側の思惑、監督の思惑、自分の人生がそういったものに振り回されてしまう。

スポーツ推薦で有名大学に進学できる子はやはり選ばれた子。

厳しい練習に耐えてきた子だと思う。

それはすごいことだと思うが、その要となるものがなくなってしまった場合どうなってしまうんだろう。

どうしても私は、その監督に指示されて反則をしてしまった選手のことを思ってしまう。

息子とさほど変わらない年のその選手、そして同じチームの選手、怪我をしてしまった選手、そのチームの選手。

彼らはきっと傷ついているだろう。

彼らの気持ちを考えると胸が痛む。

そして当事者たちの親御さんの気持ちを考えるとさらに辛くなる。

 

私は息子には、世の中というものは理不尽なものだというのは再三伝えてきた。

ただ、突然、目の前の目標を大人によって絶たれてしまったときにどうなってしまうのだろう。

母として我が子をどうやって支えたらいいのだろう。

スポーツ推薦とは全く無縁の息子を持つ母だが、なんだかやりきれないなぁ。

 

読んでいただいてありがとうございました。

今日のパートは深夜勤務。

話によると最近は暇のようです。

スタッフが少ないので混み合うと大変なのですが、面倒くさい人もいないのでその分気が楽です。

ただ、気を抜くとミスをしますから気を引き締めて。

まだ時間はあるから、少しゆっくりして・・・。

がんばってきます。

 

ブログ村に登録しています。

よろしければ応援お願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 


1

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

スポンサーリンク

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • どこにもキツイ人はいるんだなあ
    grey
  • どこにもキツイ人はいるんだなあ
    ぴんぐ〜
  • お客様は神様なのか?
    grey
  • お客様は神様なのか?
    grey
  • お客様は神様なのか?
    ぴんぐ〜
  • お客様は神様なのか?
    もみじ
  • 頑張るゾ!と気合を入れて
    grey
  • 三人家族
    grey
  • 頑張るゾ!と気合を入れて
    もみじ
  • 三人家族
    あん

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM